Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/manabu/classes/common/d.php on line 88
なんで注目されてるの?:f1+2017+エンジン音

2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

ホンダF1の歴史:第4期 「マクラーレンとの屈辱の3シーズン」

2013年5月16日、ホンダはF1世界選手権にパワーユニットサプライヤーとしてマクラーレンとのジョイントプロジェクトのもと、2015年から参戦することを発表した。 F1では2014年より、1.6リッターV型6気筒直噴過給エンジンに加え、エネルギー回生システムが採用されるなど、エンジンのダウンサイジン ...

フォーミュラEとは?「電気のF1」と呼ばれる世界選手権レース ...

■環境にやさしいEVのレースなので大都市やリゾート地など公道を閉鎖した市街地コースで開催 ●規定バッテリ容量は54kWhで最高出力が250kW、最高速度は280km/hを発揮 世界中でHEV、PHEV、EVなど電動車の普及が進み、特にEVは将来に向けて環境対応技術の切り札と位置付けられています。レースの世界でも、世界各地でEVのレースが行われ始め、その頂点に立つのがフォーミュラEです。 EVをパワ ...

モータースポーツのそもそも論(1):エンジンって何なんだ?

モータースポーツに限らず、人々の生活に身近な存在の”エンジン”。そもそも、どんな構造になっていて、どんな役割を果たしているのだろうか? モータースポーツ好きだけに限らず、車を所有している人にとっても、エンジンは身近な存在だ。しかしガソリンを使って動力を生み出すことは分かっていても、その仕組みまで知らない方も意外と多いのではないだろうか? motorsport.comはエンジンのスペシャリストに、改 ...

もっと売れるハズ! ホンダ「アコード」はスポーティさが復活の鍵 ...

ホンダ「アコード」は10代目へとフルモデルチェンジしました。海外市場から遅れての発売ですが、どのような進化を遂げているのでしょうか。 ■新型アコードはもっとスポーティさをアピールした方が良い! 1976年に初代モデルが登場以降、ホンダの大黒柱の1台として歴史を重ねてきたアコードですが、10代目となる新型モデルはアッパーミドルセダンという立ち位置は不変ながら、「若返り」をコンセプトに大きく刷新されま ...

本田宗一郎とは?日本の自動車技術を世界に知らしめたホンダの ...

■モータースポーツの世界でホンダの名を轟かせた技術者であり企業家 ●自動車修理業から2輪車製造、4輪車製造とステップアップして世界有数のメーカに成長 自動車業界の中で偉人伝や著書が最も多いのは、本田宗一郎ではないでしょうか。修理工場から一代で「世界のホンダ」を築き上げた功績だけでなく、多くの名言やエピソードを残しました。 本田宗一郎(写真:本田技研工業) 日本の自動車業界の偉人として最初に名前が上 ...

【モンスターマシンに昂ぶる 017】小さなモンスター、レッドブル ...

日本はもとより世界の陸・海・空を駆けめぐる、さまざまな乗り物のスゴいメカニズムを紹介してきた「モンスターマシンに昂ぶる」。復刻版の第17回は、2019年で惜しまれながら終了した、レッドブル・エアレース機の機体について紹介しよう。(今回の記事は、2017年6月当時の内容です) 「空のF1」とも呼ばれ、日本人パイロットの室屋義秀選手が2017年には初の年間総合優勝を勝ち取るなど、日本でも人気を集めた3 ...

【連載】F1グランプリを読む──ベッテル引退?

新型コロナウイルス禍でF1エンジンのサウンドが途絶えて久しい。しかし、その裏で生臭い戦いが展開されていた。フェラーリとセバスチャン・ベッテルの駆け引きである。事の発端は、ベッテルのフェラーリとの契約が今年の末で切れることだ。つまり、両者は今期限りで契約を更新するのか、それとも終結させるのかという分岐点にあった。結論から先にいうと、契約は更新されなかった。フェラーリとベッテルは袂を分かったのだ。しか ...

もっと注目されて然るべき!?アウディのミドルクラスSUV「Q5」の先進性

アウディのプレミアム・ミドルクラスSUV「Q5」は2017年9月に現行モデルになった。約8年ぶりのフルモデルチェンジで登場したが、その後の動きはいまひとつ活発ではなかった。理由は、本国での欧州燃費規制への対応の遅れなどから日本向けのモデルに手が回らなかったことなどが挙げられる。 2017年に「2.0TFSIクワトロスピーツ」、2018年に「ブラックエディション」、2019年には「40 TDI クワ ...

ホンダ期待の若手ライダー水野と名越、さらなる高み目指して!

全日本ロードレースは、8月9日、10日の宮城県スポーツランドSUGOから始まる予定となっています。宮城県は緊急事態宣言が解除されましたが、首都圏などへの移動は31日まで引き続き避けるようにと呼びかけています。国内移動ができるようになれば、レース開催にも近づくことになります。それでも、まだ、確実なことはわからない。今季に賭けるアスリートたちにとって、辛い時期ですが、己の力を示したいという思いをぶつけ ...

どんな場面でも最適な性能を発揮する熟成度│ベントレー ...

注目のモデル、ベントレー コンチネンタルGT V8の魅力に迫る。<パフォーマンス編> グランドツアラー作りを得意とするベントレーにとってコンチネンタルGTはブランドの中心に位置するモデルだ。そしてその真骨頂は、グランドツアラーに求められる走りのよさと快適性の両立にあるといっていい。 この点は2017年に発表された3代目コンチネンタルGTもまったく同じだが、3年前のフルモデルチェンジではここに新たな ...

知的で粋な選択〜ホンダ・シビック・ハッチバック試乗記

マイナーチェンジを受けたシビック・ハッチバックの6MT仕様に田中誠司が試乗した。大きく、そして立派になった現行モデルの魅力とは? 「シビック」、276.1万円から294.8万円……“エッ、それってタイプRの話だよね?” と、反応するのはアラフォー以上の世代の人であるはずだ。確かに「シビックタイプR」は10年前まで300万円未満で売っていた。 フツーの日本車なのか、気取ったイギリス車なのか、アメリカ ...

MINIジョンクーパーワークス フルライン試乗会【試乗記】 吊るしで ...

“BMW世代”のMINIのモデルラインナップは、標準型ハッチバックの「MINI」、ロングボディの「MINIクラブマン」、オープンモデル「MINIコンバーチブル」、SUVテイストの4ドアモデル「クロスオーバー」、そしてフランクフルトショーで発表され、このたび日本でも受注が始まった2シーター「クーペ」の5種類。 そのそれぞれが、「ONE」「クーパー」「クーパーS」「ジョンクーパーワークス(JCW)」な ...

最近の注目ワード



jpp