Warning: simplexml_load_string() [function.simplexml-load-string]: Entity: line 1: parser error : Input is not proper UTF-8, indicate encoding ! Bytes: 0x8D 0x95 0x90 0xEC in /virtual/manabu/classes/google/Suggest.class.php on line 31

Warning: simplexml_load_string() [function.simplexml-load-string]: <?xml version="1.0"?><toplevel><CompleteSuggestion><suggestion data="•ìˆÉ•ÛŽq" in /virtual/manabu/classes/google/Suggest.class.php on line 31

Warning: simplexml_load_string() [function.simplexml-load-string]: ^ in /virtual/manabu/classes/google/Suggest.class.php on line 31

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /virtual/manabu/classes/google/Suggest.class.php on line 32

Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/manabu/classes/common/d.php on line 88
なんで注目されてるの?:黒川伊保子

「2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

『夫のトリセツ』 黒川伊保子 著 (講談社、902円)

妻との関わり方を示した「妻のトリセツ」(取扱説明書)の続編。今回は夫の“トリセツ”がテーマになっている。なぜ夫に話が通じないのか、なぜそのような行動を取るのか…。脳科学や人工知能(AI)の研究者である著者が、軽妙な表現とともにその ...

なぜ世の中の夫は「言わなきゃ動かない」のか

『妻のトリセツ』が大ヒットし、このたび『夫のトリセツ』を上梓した脳科学・AI研究者の黒川伊保子さん。使えない夫を「気の利く夫」に変える、とっておきの方法を教えてくれます。 ※本稿は黒川伊保子『夫のトリセツ』(講談社+α新書)の一部を再 ...

必ずブレーキをかけたくなる男脳なぜ夫に"重大なことを相談"して ...

『夫のトリセツ』の著者で脳科学・AI研究者の黒川伊保子さんは、不安でも夫に相談しないほうがいいと指摘する。その理由とは――。 ※本稿は黒川伊保子『夫のトリセツ』(講談社+α新書)の一部を再編集したものです。 意地悪な夫でなくても、夫に ...

"気が利かない"のは男脳の問題なぜ世の中の夫は「言わなきゃ動か ...

『妻のトリセツ』が大ヒットし、このたび『夫のトリセツ』を上梓した脳科学・AI研究者の黒川伊保子さん。使えない夫を「気の利く夫」に変える、とっておきの方法を教えてくれます。 ※本稿は黒川伊保子『夫のトリセツ』(講談社+α新書)の一部を再 ...

なぜ夫に"重大なことを相談"してはいけないか

『夫のトリセツ』の著者で脳科学・AI研究者の黒川伊保子さんは、不安でも夫に相談しないほうがいいと指摘する。その理由とは――。 ※本稿は黒川伊保子『夫のトリセツ』(講談社+α新書)の一部を再編集したものです。 ※写真はイメージです(写真 ...

人間にできて、人工知能にできないこととは

(JBpress) ※本稿は『人間のトリセツ――人工知能への手紙』(黒川伊保子著、ちくま新書)より一部抜粋・編集したものです。 人間は失敗から学習する 現代人は、失敗を恐れすぎている。 子どもが歩き出せば、転ばないように心を配るのは、いつの時代 ...

トーハン調べ11月期月間ベストセラー発表

120歳まで生きるロングブレス 」美木良介/幻冬舎 ★ 9位 「ノラネコぐんだん カレーライス」工藤ノリコ/白泉社 ★ 10位 「夫のトリセツ」黒川伊保子/講談社 11位 「一切なりゆき 樹木希林のことば」樹木希林/文藝春秋 12位 「鬼滅の刃 しあわせの花 ...

AI時代、「マニア力」こそが人類を救う

早期教育も、失敗を先回りして未然に防ぐことも、これからのAI時代には何の武器にもならない。では、一体なにが武器になるのか。人間にしかできないことは、あるのだろうか。黎明期から研究開発に携わり、AIに寄り添ってきた著者が、AIとどのように共存していくべきかを“マニアック”に語る。(JBpress) ※本稿は『人間のトリセツ――人工知能への手紙』(黒川伊保子著、ちくま新書)より一部抜粋・編集したもので ...

本好きのリビドー

_(居島一平/芸人) 【昇天の1冊】 ベストセラーとなった黒川伊保子さんの『妻のトリセツ』(講談社)の続編。今度は夫編。それが『夫のトリセツ』(同/820 ...

KKベストセラーズのプレスリリース

人生設計に役立つノウハウを提供します。 25万部ベストセラー『定年後 50歳からの生き方、終わり方』(中公新書)著者・楠木新さん、40万部突破『妻のトリセツ』(講談社+α新書)著者・黒川伊保子さんをはじめとする有識者に、人生後半の ...

話題の本『夫のトリセツ』読んでみたら、オレのことだった

人工知能研究者である黒川伊保子氏が、男女の脳の違いを踏まえて「妻の取り扱い方」を解説し、夫婦生活を円満に送るためのヒントを紹介した本書は、悩める夫から絶大な支持を集めた。 この『妻のトリセツ』の大ヒットを受けて第2弾『夫のトリセツ ...

最近の注目ワード



jpp