2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

19年度・教員採用「年齢引き上げ」 即戦力確保、志願者減背景

県教委は2019年度教員採用試験から、受験年齢制限について一般選考を「45歳以下」から「50歳以下」、教員経験者を対象とする特別選考を「50歳以下」から「59歳以下」に引き上げる。小学校を中心とした教員の大量退職や志願者数の減少が ...

19年度公立教員採用試験 ポルトガル語使える人優遇

島根県教育委員会は2019年度の公立学校教員採用試験で、ポルトガル語の日常会話が可能な受験者を優遇する。出雲市を中心に外国人労働者の増加に伴い、同語を日常的に使う児童・生徒が増えているためで、県教委によると、優遇措置は中国5 ...

教員試験、上限49歳に 県教育庁、人材確保へ引き上げ

秋田県教育庁は今夏に予定する2019年度公立学校教員採用試験から、小中高校、特別支援学校で受験年齢の上限を現行の45歳から49歳に引き上げる。引き上げは4年ぶり。教員の大量退職が進む中、志願倍率も低下しており、一定の志願者数を確保 ...

教員採用試験の上限年齢を引き上げ

県教育庁は、2019年度の公立学校の教員採用試験から、受験年齢の上限をこれまでより4歳引き上げて49歳にします。県教育庁は、県内の公立学校の教員採用試験について、受験年齢の上限をこれまで45歳としてきましたが、来年度、2019年度 ...

19年度の教員採用は483人 県教委見込み、前年度より3人減

岡山県教委は19日、2019年度の教員採用試験で、採用見込み者数を前年度比3人減の483人とすると発表した。 内訳は小学校220人 中学校125人 高校70人 特別支援学校50人 養護教諭17人 栄養教諭1人。このうち、原則10年 ...

19年度茨城県教員選考 3年以上勤務の社会人の1次試験を一部免除

県教委は23日、2019年度採用の教員選考試験の概要を発表した。民間企業や官公庁などで3年以上の勤務経験があり、教員免許を持つ社会人を対象に、1次試験の一部を免除する制度を新たに導入する。県教委は制度の導入について「社会人としての多様な経験 ...

教員採用見込み270人/青森県教委18年度試験

ウェブ東奥の著作権は東奥日報社および情報提供者に帰属します。東奥日報・ウェブ東奥の記事・画像等を無断で転載、または私的範囲を超えて利用することはできません。またウェブ東奥では、機種依存文字や常用外の漢字などを、平易な文字または仮名 ...

岡山市の教員採用見込み160人 18年度試験で市教委発表

岡山市教委は13日、2018年度の教員 ... 若干名を採用する。小中両方の免許取得者を対象とし、採用後は小中間を異動する「小中連携推進枠」は各5人程度を予定。 出願の受け付けは5月1~23日で、1次試験は7月7、14~16日。県内での ...

いち早く日程を発表 受験者減で県教委 人材確保狙い /福井

来春採用する教員の試験(教採)について県教委は16日、第1次選考を7 ... 就職先の選択肢が多い学生らへの情報提供を早め、民間企業への人材流出を食い止めるつもりだ。 教育県で知られ、このほど公表された生徒や教員の英語力を測る17年度調査 ...

教員志望学生に講座…さいたま市教委

さいたま市教育委員会 ... 小学校教員を志す学生を対象に、「教員養成セミナー」に取り組んでいる。指導役となるベテラン教員が大量に退職することから、即戦力の教員を育てようと始まった。受講者が県の教員を志す場合、教員採用試験の1次試験が ...

最近の注目ワード

さらに「静岡県教育委員会 教員採用試験」「静岡県教育委員会 教員採用試験 結果」で検索する



jpp