2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

豊橋の公立小1校、英語で全授業 国語と道徳以外、20年度から

... 県沼津市の加藤学園暁秀初等学校(小学校)など私立小を中心に実施例がある。文部科学省によると、公立小では珍しいという。 八町小では、全学年に同コースの学級を設ける。希望者が所属するしくみで、豊橋市内全域から通える。定員、教員数 ...

いじめ防止へ「人権教室」活用=法務、文科省が連携強化

学校でのいじめ防止に向け、法務、文部科学両省が連携強化することが20日、分かった。2019年度から小中学校の道徳の授業で、法務省の人権啓発活動「人権教室」を積極活用することが柱。法務省幹部は「子どもがいじめについて考えるいい機会。

大津いじめ事件できっかけの「いじめ防止法」 実効性強化へ改正の ...

平成23年に大津市立中学2年の男子生徒=当時(13)=が自殺した事件は、25年に施行された「いじめ防止対策推進法」成立のきっかけとなった。同法は小中高校と高等専門学校の対応として、道徳教育の充実や早期発見のための措置、相談体制の ...

いじめ認知、定義見直しで急増 田辺市教委

和歌山県田辺市内の小中学校で2018年度になって、いじめの認知件数が急増している。昨年12月末までの認知件数は小学校が38件(1校当たり1・52件)、中学校が12件(同0・85件)。前年度は小中学校とも4件だった。いじめの定義を ...

京都)小学生のSNSいじめ被害増 府教委が調査

前年同期の調査から小中学生は減ったが、高校生は12人、特別支援学校生は36人増えた。小学生200人から「パソコンや携帯電話などによるいじめ」が報告され、前年同期から20人増えた。 いじめの内容では、小中高ともに「冷やかしやからかい ...

<いじめ母子心中>「実際と違う点多すぎる」父親、第三者委の ...

仙台市泉区で昨年11月、寺岡小2年の女児(8)へのいじめを苦に母親が無理心中したとみられる事件で、父親が22日、市役所で記者会見し、遺族と学校や市教委の認識に相違があるとして第三者委員会による調査の早期開始を求めた。父親は学校と市 ...

小中学校にスマホ持ち込み 持っていない人へのいじめを懸念する声も

柴山文部科学大臣は19日、携帯電話やスマートフォンの小・中学校 ... 持っていない人がイジメられそう」「危険だと思うなら学校で持ち込みを ...

いじめ年間41万件=4校に1校「ゼロ」報告

同法は、いじめで生命、心身や財産に重大な被害が生じたり、長期間の欠席を余儀なくされたりした疑いがある場合を「重大事態」と定め、学校や教育委員会に調査などを求めている。 文部科学省によると、2017年度に小中高校と特別支援学校で起きた ...

「小・中学校へのスマホ持ち込み禁止」見直しへ、ネットでは賛否 ...

柴山文部科学大臣は19日、携帯電話やスマートフォンの小・中学校 ... 持っていない人がイジメられそう」「危険だと思うなら学校で持ち込みを ...

担任取り合わず、届かなかった訴え 大津いじめ事件の教訓(上)

担任は取り合わなかった。教諭も学校も事態を把握せず、いじめはエスカレートした。「あのとき対応してくれていたら」。男子生徒の死後、女子生徒は語った。 その反省に立ち、市は2013年から小中学校にいじめ対策担当教員を配置した。 「1人で ...

大津いじめ訴訟/悲劇招かぬ仕組みづくりを

文部科学省の調査によると、全国の小中高などでのいじめ認知件数は17年度、約41万4000件で過去最多となった。13年度以降、いじめを理由にした自殺は後を絶たない。 学校や教委の対応は遺族の情報開示の要求に対し積極的に応えず、隠蔽 ...

いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ

度重なる人生の試練を乗り越えての栄冠だった。福島県出身で、勉強もスポーツも人並み以上にできたというが、逆にいじめの標的になってしまったという。「小、中学校ではいじめを受けていました。(大学卒業後は)小学校の教員をしていたんですが ...

最近の注目ワード



jpp