2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

直木賞作家・辻村深月が映像脚本執筆「新しい時代に自分ができる ...

昨年は新作『かがみの孤城』で「第15回本屋大賞」を受賞するなど、いまもっとも注目度の高い小説家の1人である直木賞作家・辻村深月氏が、『映画ドラえもん ... そこから少しずつお付き合いをさせていただくなかで、6年ほど前に藤子プロさんから映画 ...

直木賞作家・辻村深月氏が映像脚本執筆「新しい時代に自分が ...

昨年は新作『かがみの孤城』で「第15回本屋大賞」を受賞するなど、いまもっとも注目度の高い小説家の1人である直木賞作家・辻村深月氏が、『映画 ... そこから得たことはありましたか? 【辻村深月】作家生活15年になりますが、これまでに自分の小説 ...

芥川賞と直木賞の贈呈式 受賞した3人が抱負を語る (NHK)

第160回芥川賞と直木賞の贈呈 ... は「この先50年はどういうことが起こるのか。急激に変わっていく気がして不安もあるが、作家として書けるの ...

直木賞「宝島」の真藤順丈さんが考える辺野古県民投票

戦後から復帰前までの沖縄を舞台に「戦果アギヤー」をヒーローにした青春小説「宝島」で直木賞を受賞した作家の ... を重ね、7年かけて ...

デビュー40周年を迎える村上春樹氏 直木・芥川賞とは今後も無縁か

今年、デビュー40周年にあたる村上春樹さん(写真:共同通信社) 日本有数の人気作家、村上春樹。1979年 ... 文学賞といえば、芥川賞と直木賞 ...

第1位は『グリーンブック』来週公開映画 新作期待度ランキングTOP5 ...

部屋の壁から「1年後の未来にいる ... 大ファンを公言する直木賞作家の辻村深月。監督は『新・のび太の日本誕生』(2016)の八鍬新之介が ...

直木賞「宝島」の真藤順丈さんが考える辺野古県民投票 /沖縄

沖縄の戦後史の資料や来県して取材を重ね、7年かけて書き上げた「宝島」。基地がそばにある中で生きている人たちが、簡単に基地に「賛成 ...

日本にはこんなに優れた作曲家がいた! 博覧強記の音楽評論

文芸誌「群像」に2014年1月号から2016年8月号まで掲載された同名 ... J-CAST「BOOKウォッチ」では島本さんの『ナラタージュ』(角川文庫)、第159回直木賞受賞作『ファーストラヴ』(文藝春秋... 「奇跡の中学生作家」が「生きる」をイキイキと描く あさの ...

村上春樹が「直木・芥川賞」を受賞できない理由 今年デビュー40 ...

日本有数の人気作家、村上 ... んでした」(2007年・新潮社刊『大江健三郎 作家自身を語る』)と語っているとおりだ。 春樹の作品を評価できなかったなんて無能もいいところではないか。確かにそのとおりかもしれない。しかし、総じて直木賞や芥川賞は社会 ...

村上春樹が「直木・芥川賞」を受賞できない理由

日本有数の人気作家、村上春樹。1979年の ... れる文学賞についての定番の話題がある。 日本で最も有名な文学賞といえば、芥川賞と直木賞だが ...

芥川賞発表日に表彰、噂の「新井賞」 売り上げにも貢献

芥川賞・直木 ... 作家を呼んで閉店後の店内でトークイベントを開き、回を重ねるうちに「新井ナイト」と呼ばれるようになった。 薦めた本が売れるとうれしく、感想を伝えに来てくれる常連客との間で信頼関係も生まれた。 新井賞を始めたのは2014年 ...

最近の注目ワード



jpp