2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

「仕事は生きる希望」 がん治療と両立、柔軟な制度とは

入院や、免疫低下に伴う感染を防ぐための自宅療養をして計7カ月ほど、仕事を休んだ。 がん治療と仕事、61社「支援整っている」100社調査がんで入院生活、それでも働く?患者調査で見えた実態 副作用の強い治療を受ける中、「生きがいだった ...

10ccの血液ががん治療を変える? 「リキッドバイオプシー」とは

リキッドバイオプシーとは、血液など体液(Liquid(リキッド))内のがん由来の遺伝子変化などの情報を調べて、がんの診断や治療法の選択 ...

知られていない小児がんの“治療後”…経験者を襲う「晩期合併症 ...

浦尻さんは、神経の細胞にできるがん「神経芽腫」を5歳で発症。手術や抗がん剤治療を受けた。だが10歳で再発し、さらなる治療を乗り越えた。

【おりた耳鼻咽喉科医院】関西初!「だ液がん検査」が耳鼻咽喉科 ...

「だ液がん検査」とは、だ液から5種類のがん(肺がん・すいがん・大腸がん ... この検査により1人でも多くの方のがん早期発見、がん早期治療に繋げることができればという院長の想いから導入を決定いたしました。 慶應義塾大学先端生命科学研究所 ...

[安心の設計 MONEY]がん保険 治療法とともに進化…通院や治療 手厚く ...

首都圏在住の40歳代の女性会社員は最近、血液系のがんと診断され、抗がん剤での治療を始めた。子どもは幼稚園児で教育費が今後かかり、自宅の住宅ローンもある。経済的に大丈夫か、気になってきた。 がんの手術代、検査代、薬代といった費用は ...

標準治療は〝普通〟の治療?知ってほしい「がん」のこと

「標準治療」ってなに? がんなどの治療過程で、「標準治療」という言葉を聞いたことはありますか? 「標準」という言葉が「並の」「普通の」という意味合いで使われているため、患者さんやご家族が「標準治療以外に特別な最高の治療法があるのでは ...

がん治療の大革命となるか? 極貧研究者が生んだ「光免疫療法」とは

病理学とはがんの外科手術で採取した細胞を検査したり、薬物治療による細胞の変化を観察したりする学問。だがその後、小林氏は大きな ...

大腸癌治療後リスクのノモグラム公開

大腸癌研究 ... や受けた治療などの因子から、予想されるリスクを計算するシステム。あくまで統計を元にした参考情報を提供するものであるため、実際の治療選択にあたっては、医師と相談の上で決定するよう求めている。 ノモグラムとは、計算図表を ...

全てに意味 文筆家・松さん、自身の経験語る /和歌山

看護師と意見を交わす、がん経験者の松さや香さん ... 約80人が参加し、精力的に仕事を続けながら治療した経験談に耳を傾けた。

我が闘病|大島康徳「今や、誰もがいつ癌になってもおかしくない ...

突然の癌宣告に大島さんはどう向き合ったのか。癌発覚から手術、そして抗癌剤治療を続ける ... 初めて気づけたこととは何なのか、3回に渡っ ...

2人の医師に聞く「がんになる前に知っておくと」

治療法も進歩し、抗がん剤は、ほぼ全てのがんに効果が期待できるようになった。とはいえ、年間死亡者数は約37万人に達し、日本人の死因では ...

八千草薫が肝臓にがん 無念…ヒロイン役降板し治療

しかし、今年1月に熱が出たため、病院で検査を受けたところ肝臓にがんが見つかった。当初、八千草は治療を後回しにして仕事を続けたいと希望したが、医師から治療に専念することを勧められ、降板を了承したという。1 ...

最近の注目ワード



jpp