2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

高倉健さん主演映画の再上映目指し… 立ち上がる「鯨の街」

高度経済成長期に日本有数の捕鯨基地として栄えながら、東日本大震災の津波被害で街の景色が一変した宮城県石巻市の鮎川地区。約60年前にこの地でロケ撮影された高倉健さん主演の映画「鯨と斗う男」を同市内で再上映する試みに、有志が取り組んでいる。

「俺なら神に祈り始める」 津波のような雲の壁が町を覆う【動画】

Redditでは様々なコメントが寄せられた。 「逃げろ」 「何も信じてないけど俺なら祈り始める」 「どう見てもこれは津波」 また、スティーブン・キング原作の映画『ミスト』を連想した人もいる。ミストでは町が深い霧に囲まれて、不可思議な現象が起きる。

マックのメガサイズ

災害のSFXが正面受けの絵ばかりで、創作のセンスを感じない。やっぱ壁のような津波って正面から見たくなっちゃうのかなー。 あと、被害が大きくなるほど目の前の信じられない光景に我々はもっと無情観とか感じるんじゃないかと思うんです。 だけど ...

保護司、映画で知って 19日、静岡で上映会

理解を深める機会になれば」と来場を呼び掛けている。 映画は実在の女性保護司をモデルに製作された。宮城県名取市を舞台に、津波で幼い息子を亡くした女性保護司を洞口依子さんが演じる。担当を依頼されたのは息子の幼なじみだった少年。夫役の筧 ...

美術が社会に果たす役割を問う、 森美術館15周年記念展 ...

展示は2つのセクションで構成され、セクション1では、地震、津波などの天災や事故や戦争といった人災から、個人的な悲劇を表現した作品までを幅広く紹介。「美術が惨事をどのように描いてきたのか」に焦点を当てる。 続くセクション2では、破壊 ...

学校に原発ができる日

しかし、ある日、大きな地震と津波に襲われ、発電システムは壊滅、放射能漏れを起こし、科学部は一気に悪者にされてしまう…。 解説「レ・ミゼラブル」「シルク・ド・ソレイユ」など、舞台から生まれた映画が注目を集める中、日本でも演劇発の新たな ...

震災から7年5か月 町の新庁舎のお披露目 宮城 女川町

女川町は、震災による津波で町の3分の2の家屋が全壊し、800人余りが犠牲と ... 新しい庁舎は敷地の広さが8340平方メートル、地上3階、地下1階の鉄骨造りで、音楽会や映画の上映会などを開催できるホールや8万冊を収蔵できる図書室などが整備され ...

田中圭&ディーン・フジオカ&中尾明慶&浜野謙太ら、“子煩悩 ...

とはいえ、家族が暮らすインドネシアへの思いは強く、2004年のスマトラ島沖大震災の津波により壊滅的な被害を受けた港街バンダ・アチェを舞台にした深田晃司監督の映画『海を駆ける』では主人公の謎の男・ラウ(海の意味)を演じている。こうした仕事 ...

「村より大きいのでは…」巨大な氷山がグリーンランド沿岸に大接近

この氷がぶつかったり、倒壊して津波が起きたら、小さな家などひとたまりもないことでしょう。 タイムラプス映像なので早く感じますが、実際はゆっくり通過して行ったとのこと。 まるで映画の世界のような現実感のない光景です。いったいどこから ...

篠弘・選 (毎日新聞)

流行になりくることばパワハラを受けて三年後転勤したる 奈良 中川潤二 津波なしの画面にまづは安堵してけふの不安 ... わが心臓は 登別市 松木秀 戦前から大衆文化として人気を博した映画と、戦後お茶の間に広… 作家の塩田武士さんの『歪(ゆが)ん ...

最近の注目ワード

さらに「津波 映画」「津波 映画 アメリカ」「津波 映画 中止」で検索する



jpp