2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

「確定拠出年金」の積極的な運用で成功するコツは?

個人型や企業型の「確定拠出年金」で積極運用をして利益を出している人に、その資産構成比や運用方針を直撃! ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載した「確定拠出年金 ザイ読者12人の損益セキララ白書」の中から、個人型および企業型の確定拠出年金の掛金 ...

年金を受け取りながら働く3つのメリット 公的年金以外の収入が ...

公的年金の老齢基礎年金は、原則、65歳から受け取れます。本人の希望で繰り上げたり繰り下げたりできますが、多くの人は65歳から受け取っています。 一方、総務省の労働力調査によると、65歳から69歳で働いている人の割合(就業率)は、2016年は42.8%。

私的な年金相談の拠点、東京と大阪に…りそな銀

りそな銀行は、私的年金の相談専用の新拠点「つみたてプラザ」を東京都中央区と大阪府枚方市に開設する。 長期の分散投資に適した個人型の確定拠出年金(愛称iDeCo=イデコ)などの金融商品を紹介し、老後の資産形成を考える現役世代の顧客を ...

「年金支給、75歳から」説にある勘違い。むしろ受給者は得に

巷では「年金支給開始年齢が75歳に引き上げられる」という噂がひとり歩きしていますが、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさんはこれを全面否定。実際は、「受給者本人の意思で受け取り開始年齢を75歳に ...

年金以外の老後資金、5人に1人が預貯金やタンス預金のみ!

アイリックコーポレーションは10月18日、「年金制度」に関する調査結果を発表。調査は10月2日~4日、20歳~60歳の男女600名(男女各300名)を対象に、運営する「保険クリニック」にてWebアンケート形式で行われた。本稿では、同調査結果の中から「老齢年金と ...

個人型 確定拠出年金「iDeCo」特集 (3) その差 円! やる人だけが ...

公的年金にじぶん年金を上乗せできる仕組みとして、注目を集めている確定拠出年金。確定拠出年金には勤務先の企業で入る「企業型確定拠出年金」と、加入者自身が自分で入る「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の2種類があります。 「企業型確定拠出年金」は ...

[衆院選2017]社会保障の現状と課題(下)労働・年金

衆院選の投開票が22日に迫った。少子高齢化が進む中、社会保障をどう変えていくのか。労働と年金について、現状と課題をまとめた。 Q 職場の人手不足の話をよく聞くね。 A 厚生労働省の調査では、「働き手が足りない」と答えた事業所が、「過剰 ...

会社の確定拠出年金で元本割れ、どうしたらいい?

今回は内藤忍氏がお答えします。 新しく入社した会社に確定拠出型年金制度があり、加入しています。毎月会社が5,000円、給与から5,000円を出し、運用をしています。ただ、加入している会社の制度では、通常の投資に比べて非常に選択肢が少なく、運用を ...

私たち、年金いくらもらえるの?支給額の試算方法と考え方まとめ

私たちの将来を左右する「年金」。一体、どのくらいもらえるのでしょうか?まとめてみました。 年金はいくらもらえる?平均支給額はコレ! 年金受給額を試算。老後の年金、一体いくらもらえるの?によると、国民年金に関しては保険料をすべて ...

生涯現役!? 年金世代が働くメリット3つ

公的年金の老齢基礎年金は、原則、65歳から受け取れます。本人の希望で繰り上げたり繰り下げたりできますが、多くの人は65歳から受け取っています。 一方、総務省の労働力調査によると、65歳から69歳で働いている人の割合(就業率)は、2016年は42.8%。

最近の注目ワード

さらに「年金」「年金事務所」「年金手帳」で検索する



jpp