2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

複雑化する社会の中で医療の原点と時代劇の可能性示すNHK「赤ひげ」

今年は小説家、山本周五郎の没後50年であることから、NHKは彼の不朽の名作『赤ひげ診療譚』を原作とする時代劇「赤ひげ」を放送中だ。連続8回のうち、1日(金)で5回を終えた。江戸の医療所「小石川養生所」を舞台にしながら、毎回現代にも ...

「赤ひげ」第7話はちょっと不思議なお話。“おくめ殺し”の謎を ...

この秋、NHK BSプレミアムで放送が始まった「BS時代劇赤ひげ」もいよいよ終盤。何度も映画・ドラマ化されてきた山本周五郎の「赤ひげ診療譚」を原作とする本作ですが、今回は船越英一郎さんが赤ひげこと、新出去定を熱演。小石川養生所の医師・保本登 ...

【住む街ガイド】小説『ゴールデンスランバー』の舞台を歩いたら ...

犯人の濡れ衣を着せられた宅配ドライバー青柳雅春の逃走を描いたエンターテインメント長編作。本屋大賞&山本周五郎賞を受賞し、堺雅人が主演した映画も大ヒット。見事な伏線の回収、興奮と感動の結末は、まさに「たいへんよくできました」!

マラソンの応援

たぶん緊張しているだろう参加者に小欄からも応援のメッセージを送りたい。山本周五郎の長編小説にある一節。 「一足跳びに山の頂上にあがるのも一歩一歩としっかりと登ってゆくのも結局は同じこと。むしろ一歩ずつ登るほうが途中の草木や風物を見る ...

『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力 ...

著者の 帚木蓬生 (ははきぎほうせい) さんは、福岡県の精神科医であると同時に、山本周五郎賞、柴田錬三郎賞、日本医療小説大賞などを次々と受賞した作家でもある。 「私たちの人生や社会は、とりつく島がない事柄に満ちている。私自身、ネガティブ ...

著作権70年は長過ぎ?高知県でも影響懸念 研究、学習や図書館

“立ち位置”によって光も影もある著作権。50年のままなら2018年1月1日に山本周五郎、2021年に三島由紀夫、2022年に志賀直哉、2023年に川端康成作品の保護期間が満了する。

3LDKのNY共同生活、水田航生爆走事件を植原卓也&平間壮一が ...

(modelpress編集部) 【Not Sponsored 記事】 【関連リンク】他の写真・記事詳細をもっと見る水田航生の壁ドンは“人を壁にしていく”スタイル<スマートモテリーマン講座>水田航生、初の本格時代劇で主演「覚悟を持って」一ヶ月殺陣稽古<山本周五郎 ...

原田マハさんが描いた、ゴッホと名画を導いた日本人画商との邂逅

12年「楽園のカンヴァス」で山本周五郎賞受賞。同作と「ジヴェルニーの食卓」「暗幕のゲルニカ」で直木賞候補に。17年「リーチ先生」で新田次郎文学賞受賞。小説家の原田宗典氏とは兄妹。

特集『生き方を変える本』|Editor’s Voice

薬草の標本がズラリと並ぶ部屋の本棚から、今の生活を支えている本としてまず挙げてくださったのは、意外にも山本周五郎の『赤ひげ診療譚』。この小説の舞台も江戸小石川薬草園内の養生所。時代は違えど、主人公の薬草の使い方、考え方に学ぶことが ...

株式会社NHK出版のプレスリリース

やっぱり一気によんでしまった。 司馬遼太郎がどういう作家だったかを紹介。 山本周五郎や、 山田風太郎、 藤沢周平らとの比較から、 司馬が動態の作家であったことを指摘した上で、 現代においてそうした歴史の見方が必要とされていることを述べる。

最近の注目ワード

さらに「山本周五郎」「山本周五郎賞」「山本周五郎展」で検索する



jpp