2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

船越英一郎「今年は大変なことがたくさん起きて…」と意味深発言 ...

同作は、山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化したもので、江戸・小石川養生所を舞台に、武骨で謎めいた医師"赤ひげ"(船越)と青年医師(中村)との交流、そして貧しい患者や市井の人たちの姿を描く。 赤ひげを演じた感想を聞かれた船越は ...

船越英一郎「今年は大変な1年」自虐ネタで笑い誘う

山本周五郎原作の「赤ひげ診療譚」が原作。撮影は今年4月から6月にかけて行われたといい、MCを務めるNHK「ごごナマ」と並行する形だった。「生放送を毎日やりながらドラマをやった経験は初めてでした。そういう逆境こそがエネルギーになった ...

船越英一郎「大変なことがたくさん起きた1年」

山本周五郎の名作小説を新たなキャストでドラマ化。4月にスタートしたNHKの情報番組「ごごナマ」(月~金曜午後1時5分)のMCとして生出演中の船越は、今回の主演ドラマの撮影も4月から6月にかけて重なっていたことを明かし「35年以上 ...

船越英一郎「大変なことが大変起きた1年」 松居一代との離婚騒動 ...

山本周五郎没後50年を機に不朽の名作を新たな解釈でドラマ化。赤ひげを演じる船越は「過去に映画では三船敏郎さん、テレビドラマでは小林桂樹さん、藤田まことさんといった大先輩が務めた名作に挑戦するのは暴挙でしたが、大冒険でもありました ...

船越英一郎、新たな「赤ひげ」を演じることは『大冒険です!』

同作は、山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化した作品で、江戸・小石川養成所を舞台に、謎めいた医師・赤ひげこと去定(船越)と青年医師・保本(中村)の交流、そして貧しい患者や市井(しせい)の人たちの姿を描く。 船越は「山本周五郎 ...

知る見るBS:時代劇とプロ野球

水谷豊の久々の時代劇で、脚本も脇役陣も充実していて高い視聴率だった。これまで「山本周五郎人情時代劇」(火曜午後8時)を放送していたBSジャパンは、10月から同じ枠で「池波正太郎時代劇 光と影」をスタートさせた。このシリーズは1話完結 ...

伊坂ミステリー、文体にもマジックあり

仙台が舞台の伊坂作品というと、映画化もされた『ゴールデンスランバー』(2008年、山本周五郎賞受賞)を思い浮かべる人も多いだろう。警察に追われ仙台市内を転々としながら脱出の機会をうかがう主人公に声援を送ったものだ。今回は籠城ミステリーの ...

船越英一郎、帯の生番組と時代劇の両立に充実感「大変なことが ...

【写真】同試写会に出席した中村蒼 船越がいう「暴挙」「大冒険」とは、没後50年を迎えた山本周五郎の名作時代小説『赤ひげ診療譚』が原作であること。その映像作品で、三船敏郎、小林桂樹、萬屋錦之介、藤田まことらが演じてきた「赤ひげ」こと ...

〈古典部〉ファン必読の一冊、『米澤穂信と古典部』が10月13日(金 ...

11年『折れた竜骨』で第64回日本推理作家協会賞、14年『満願』で山本周五郎賞を受賞。『満願』、15年『王とサーカス』はそれぞれ3つの年間ミステリ・ランキングで1位となり、史上初の2年連続3冠を達成。著書に『ふたりの距離の概算』『いまさら翼 ...

最近の注目ワード

さらに「山本周五郎」「山本周五郎賞」「山本周五郎時代劇 武士の魂」で検索する



jpp