2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

「宝島」真藤順丈氏に直木賞、林真理子さんが絶賛

第160回芥川賞、直木賞の選考会が16日、都内で開かれ、芥川賞は上田岳弘氏(39)の「ニムロッド」(群像12月号)、町屋良平氏(35)の「1R(いちらうんど)1分34秒」(新潮11月号)の2作品、直木賞は真藤順丈氏(41)の「宝島」(講談社)が受賞した。

株式会社北海道宝島旅行社が経済産業省管轄の「地域未来牽引企業 ...

~北海道の地域文化や自然体験を中心に、訪日来道旅行客の誘客促進を牽引~ このたび、株式会社北海道宝島旅行社(本社:北海道札幌市中央区、代表取締役社長:鈴木 宏一郎、以下「北海道宝島旅行社」)が、経済産業省が管轄する「地域未来牽引企業 ...

直木賞「宝島」異例の反響 沖縄県内で完売続出

米占領下の沖縄を舞台に描き、直木賞を受賞した真藤順丈さん(41)の小説「宝島」が沖縄県内で反響を呼んでいる。16日夜の受賞発表以降、県内 ...

真藤順丈さん 「宝島」で直木賞 沖縄の戦後 不屈の「明るさ」で

小説の舞台は米軍統治下の沖縄。基地の物資を盗み出す「戦果アギヤー」の少年たちの成長を描いた「宝島」(講談社)で、平成最後の直木賞の受賞が決まった。沖縄はまさに今、米軍普天間基地の辺野古移設問題で揺れている。16日の記者会見では「我々 ...

直木賞に真藤順丈さん『宝島』 芥川賞は上田岳弘さん・町屋良平 ...

第160回芥川龍之介賞と直木三十五賞(日本文芸振興会主催)の選考会が2019年1月16日行われ、芥川賞は上田岳弘さんの「ニムロッド」(「群像」2018年12月号)と町屋良平さんの「1R(いちらうんど)1分34秒」(「新潮」18年11月号)のW受賞となった。注目され ...

芥川賞・上田岳弘さん「ニムロッド」、町屋良平さん「1R1分34秒 ...

2008年、「地図男」でダ・ヴィンチ文学賞を受賞しデビュー。同作を含む4作でそれぞれ別の新人賞を受賞。昨年、「宝島」で山田風太郎賞。本名は非公表。 自らの手で、より良い社会にー。ボランティア活動に取り組む市民の姿を追う

直木賞、真藤順丈さんの「宝島」に

第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の新喜楽で開かれ、直木賞は真藤順丈さんの「宝島」(講談社)に決まった。

第160回直木賞に真藤順丈さんの「宝島」

第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞に上田岳弘(うえだたかひろ)さん(39)の「ニムロッド」(群像12月号)と町屋良平(まちやりょうへい)さん(35)の「1(いち ...

直木賞「宝島」“総力戦”で描く沖縄 真藤順丈さん

ホラー、サスペンス、冒険小説…と、特定のジャンルに縛られない執筆活動を展開する気鋭。初めての候補で直木賞を射止め、記者会見で「とにかくホッとした。編集者のみなさんの期待に応えられてよかった」と笑みを浮かべた。 受賞作「宝島」は、約 ...

直木賞は真藤順丈さんの「宝島」に決まる

第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞は真藤順丈(じゅんじょう)さん(41)の「宝島」(講談社)に決まった。

最近の注目ワード

さらに「宝島」「宝島社」「宝島社付録」で検索する



jpp