2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

夫婦別姓、相次ぐ裁判 国動かず地方が声 「合憲」3年

夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁大法廷が合憲と判断してから、16日で3年が経った。国会での議論が進まない中、夫婦別姓を求める裁判は再び相次ぎ、地方自治体の議会を通じて声を上げる活動も始まっている。 東京都中野区議会では ...

初の2倍未満、どう評価=衆院選「1票の格差」-合憲なら12年ぶり ...

「1票の格差」が最大1.98倍だった2017年10月の衆院選は法の下の平等を定めた憲法に反するなどとして、二つの弁護士グループが選挙無効を求めた16件の訴訟の上告審判決が19日、最高裁大法廷で言い渡される。小選挙区制導入後、初めて ...

衆院選「1票の格差」訴訟 きょう最高裁で判決

各地の高等裁判所や高裁支部で言い渡された判決では、いずれも選挙の無効は認めず、憲法に違反しないとする「合憲」の判断が15件、「違憲 ...

司法取引、透明性の重視を リサ・フィーラン氏 (日本経済新聞)

1970年の連邦最高裁の判決により、司法取引はあらゆる種類の刑事事件を解決するための合憲的な手段とされた。私はカルテルなど反トラスト法(日本の独占禁止法)違反案件を担当する、米司法省(DOJ)反トラスト局での刑事執行に携わってきた。米国では ...

1票の格差訴訟 国会の選挙改革どう評価?19日に最高裁判決

今回、上告されている16件の訴訟の高裁判決のうち15件は改革の方向性が定まった点などを評価して合憲と結論付け、違憲状態は1件のみだった。

大嘗祭訴訟

これを適用し、2002年7月に大分県知事らが公費で大嘗祭に参列したのは政教分離に反するかが争われた訴訟で「参列は社会的儀礼で、宗教との関わり合いの程度は限度を超えていない」とし、合憲と判断した。 「即位の礼」にも疑義 ただ大嘗祭その ...

【書評】護憲学者よ、安保関連法案が違憲なら自衛隊解散論を書け

歴代政権は自衛隊を「9条が禁じる戦力ではなく、必要最小限度の実力組織だ」と苦しい説明を以て合憲と解釈してきた。そこに戦後日本の自己 ...

あらかじめ失われた希望ではなく 作家 江波戸哲夫

「自衛隊は合憲、安保条約は堅持」 最近では都知事の小池百合子氏がそうだ。とくに"都政のブラックボ… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

大嘗祭国費支出に反対し宗教狩りのように完全政教分離を主張する ...

来年の大嘗祭(だいじょうさい)への公費支出をめぐって秋篠宮殿下が「宗教色が強い大嘗祭を国費で賄うことが適当かどうか」と述べられ、国 ...

皇居で安倍総理ら招き昼食会 天皇陛下は最後の出席

などと話し掛けられていました。この昼食会は年末の恒例行事ですが、来年4月の退位を前に陛下が出席されるのは今回が最後になります。 夫婦別姓、相次ぐ裁判 国動かず地方が声 「合憲」3年

小1男児、路線バスにはねられ死亡 世田谷

男の子は道路を横断中にはねられ、事故現場には信号がなかったという。 警視庁は、バスの運転手を過失運転致傷の疑いで逮捕し、事故の詳しい原因を調べている。 夫婦別姓、相次ぐ裁判国動かず地方が声 「合憲」3年

サイボウズ・青野社長の夫婦別姓訴訟が結審、来年3月に判決へ ...

国側は争う姿勢を示し、請求棄却を求めている。 夫婦別姓訴訟をめぐっては2015年12月、夫婦同姓を規定した民法750条は合憲とする最高裁判決が出ているが、今年に入ってから今回の訴訟を皮切りに、次々と夫婦別姓を求める裁判が起こされている。2015年の ...

最近の注目ワード

さらに「合憲とは」「合憲」「合憲限定解釈」で検索する



jpp