2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

大腸ポリープ切除、AIが診断支援 国が承認

名古屋大学や昭和大学などは10日、がんの前段階のポリープを内視鏡検査で見つける人工知能(AI)システムが医薬品医療機器等法にもとづく承認を得たと発表した。内視鏡の画像をAIが診断して医師に伝えるシステムが承認を受けるのは初めてという。

大腸内視鏡検査でポリープが見つかっても多くの人は再検査を受け ...

米国では、大腸内視鏡検査で大腸ポリープ(腺腫)が見つかっても、多くの人は推奨される時期に再検査を受けていないことが、米カイザー・パーマネンテ・ワシントン衛生研究所のJessica Chubak氏らの検討で分かった。研究の詳細は「Cancer Epidemiology, Biomarkers ...

AIを搭載した大腸内視鏡診断支援ソフトウェア 医薬品医療機器等法 ...

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、人工知能(AI)※1を用いて大腸内視鏡診断での前がん病変※2である腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープを推測し、腫瘍の可能性 ...

AI搭載の内視鏡画像診断支援ソフトウェアが承認取得-昭和大ら

大腸がんは日本人女性のがん死亡数の1位、男性でも3位と近年増加傾向にある。その対策として、大腸内視鏡で早期がんや前がん病変である腫瘍性ポリープを切除することで、大腸がんによる死亡を大幅(53~68%)に減らせることが知られている。一方で ...

AIを搭載した内視鏡診断支援プログラムが承認 -- 医師の診断補助に ...

その対策として、大腸内視鏡で早期がんや前がん病変である腫瘍性ポリープを切除することで、大腸がんによる死亡を大幅に減らせることが知られています。一方でポリープの中には、切除する必要のある腫瘍性ポリープと切除する必要がない腫瘍ではない ...

EPAとアスピリンの大腸癌予防を証明できず

エイコサペンタエン酸(EPA)とアスピリンは、それぞれ大腸癌の化学予防に有用と考えられている。大腸癌リスクが高い人々を対象にそれらを ...

苦痛の少ない検査を実践 シリーズ【11】 「大腸内視鏡検査、下剤が ...

同院ではポリープを100倍近くに拡大観察できる拡大内視鏡や画像強調機能を使用し、精度の高い検査を実践。ポリープ日帰り切除も可能。 小西院長は「40歳以上の方は大腸がんから命を守るためにも一度検査を受けてほしい」と話す。

サイバネットが一時S高、AI搭載の大腸内視鏡診断支援ソフトウェア ...

「EndoBRAIN」は、AIを用いて大腸内視鏡診断での前がん病変である腫瘍性ポリープと非腫瘍性ポリープを推測し、腫瘍の可能性 ...

サイバネットSが急騰、内視鏡診断支援ソフトが薬機法の承認取得

同ソフトはAIを活用して大腸内視鏡診断での前がん病変で切除する必要がある腫瘍性ポリープと切除不必要の非腫瘍性ポリープを推測し、腫瘍の可能性とともに医師に提示する。 昭和大学横浜市北部病院消化器センターの工藤進英教授らのグループを主幹 ...

サイバネットシステム、AIを搭載した大腸内視鏡診断支援 ...

対策のひとつとしては「大腸内視鏡で早期がんや前がん病変である腫瘍性ポリープを切除すること」があり、これにより大腸がんによる死亡を大幅(53%-68%)に減らせることが知られています(Zauber et al.N Engl J Med 2012,Nishihara et al.N Engl J Med 2014)。ただし ...

3Dマトリクス---ストップ高買い気配、吸収性局所止血材「PuraStat」が ...

欧州での後出血予防の潜在市場は、消化器内視鏡領域のEMR(内視鏡的粘膜切除術)で約80億円、大腸ポリープ切除のようなポリペクトミーも ...

【健康寿命UP術】きちんと自分の便をチェック 大腸内視鏡検査を ...

大腸ポリープも切除することで、ポリープからがん化するのを防ぐことが可能だ。 「排便の状態がよくない、形が悪くなったなど、便の状態が ...

最近の注目ワード

さらに「ポリープ 大腸」「ポリープ 大腸 原因」「ポリープ 大腸 切除」で検索する



jpp