2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

シャオミ Androidに敗北した「アンケート」をなかったことにして炎上

独自のOSを自社モデルに組み込むことによって、安定したエコサイクルを見込めることは、AppleにとってのiOSからも明らかでしょう。中国ベンダーのXiaomiもMIUIという、AndroidのフォークOSを採用しています。iOSとAndroid OSの良いところを合わせたとされるMIUIです ...

インドのスマホ市場、再び2桁成長を達成

しかし、2位から5位まではすべて中国メーカーが入った。シャオミ(小米科技)、ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、レノボ・グループ(聯想集団)、オッポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)だ。 シャオミが急成長 このうち ...

中国小米、首都圏に初の実店舗

中国のスマートフォン大手、北京小米科技(小米、シャオミ)は、フィリピン初の公式ストアをマニラ首都圏ケソン市にオープンした。2014年にフィリピン市場に参入したが、実店舗を構えるのは初めて。19日付スターが伝えた。 小米と販売で提携する、地場 ...

小米、テレビ市場に進出

中国スマートフォン大手の北京小米科技(シャオミ)は、インドのテレビ市場に進出する。今月にフルハイビジョン(HD)の4倍の解像度を持つ「4K」のテレビを発売。動画配信サービスも併せて提供することで、新たな収益の柱に育てる。地元各紙が15日 ...

中国のスマホ出荷台数、8年ぶりに前年割れ

2017年のメーカー別出荷台数は、1位から、中国ファーウェイ(華為技術)、中国オッポ(広東欧珀移動通信、OPPO Mobile Telecommunications)、中国ビーボ(維沃移動通信、vivo Mobile Communication)、中国シャオミ(小米科技)、米アップルの順。 このうち、首位の ...

iPhoneなぜアジアで苦戦、中国勢に勝てない理由

インドやインドネシアなどの消費者は、「中国のアップル」と呼ばれる小米科技(シャオミ)や広東歩歩高電子工業(BBKエレクトロニクス)の広東欧珀移動通信(オッポ)、維沃移動通信(ビーボ)といった中国メーカーのスマホに次々と乗り換えている。

世界4位「OPPO」のSIMフリースマホが発売、有機EL&デュアルカメラで ...

急成長する中国メーカーの代名詞と言えば、ちょっと前まではシャオミだった。しかし今やOPPOの勢いはシャオミを大きく上回っている。(つづき)

5G携帯は中国勢の天下か、「OPPO」の日本進出を読み解く

世界スマートフォン市場のトップ10メーカーは、サムスン、アップル、ファーウェイ、OPPO、Vivo、LG電子、シャオミ、レノボ、TCL、ZTEという並びだ(2016年実績、TrednForce調べ)。中国勢が7社と過半数を制している。その中でもファーウェイに次ぐナンバー2位 ...

ワイヤレス充電の産業チェーンが成熟化、将来に期待

3−6月にはファーウェイのP11、OPPOのR13、VIVOのX20s、シャオミ7などの新機種が販売され、多くの見所がある。一年を通して見ると、国産スマホは革新で猛追し、新興市場の開拓を拡大する。下半期にはアップルの各価格帯をカバーする新機種が発売され、需要 ...

2019年の新型iPhoneは背面3DセンサーでAR機能が強化される?

その一方、今年の春から夏にかけてSamsung(サムスン)やHuawei(ファーウェイ)、Oppo(オッポ)、Xiaomi(シャオミ)などのAndroid陣営が3Dセンサーを自社製品に搭載するという、気になる情報も報告に含まれていました。近い将来、スマートフォンでARを利用 ...

最近の注目ワード

さらに「シャオミ」「シャオミ スマホ」「シャオミー」で検索する



jpp