2軒目は近所のバー」が送る

なんで注目されてるの?

いちほまれ新米求め開店前から行列

今年から本格生産が始まった福井の新ブランド米「いちほまれ」の新米が9月23日、福井県内約170店舗で一斉に発売された。各店舗には開店前から行列ができ、1 ...

いちほまれ、県産コシより2千円高

9月23日から福井県内で本格販売が始まる福井の新ブランド米「いちほまれ」について、県JAグループは、生産者からの買い取り価格を玄米1俵(60キロ)当たり1万5300円(前年比300円増)とした。今年の県産コシヒカリの内金(前払い金 ...

<いちほまれ ブランド化の行方>(下)農家限られ 不満の声も

「猛暑や台風に負けず、よう育ってくれた」。刈り取りを目前にした20日、いちほまれを約2ヘクタールで栽培する農事組合法人「エコファーム光明寺」(永平寺町)の河野克之副代表(74 ...

いちほまれ 本格販売 県内先行 店舗に列

今年から本格生産、販売をする県の新たなブランド米「いちほまれ」の販売が二十三日、県内で始まった。スーパーなどの一部量販店では、販売開始イベントを実施。買い物客は自宅用や贈答用などの目的で次々と米袋を買い物かごに入れ、新米を買い求め ...

<いちほまれ ブランド化の行方>(上) CM戦略 購買層は誰?

「福井の米は日本一。東京では知名度が低いですけどね」。県が開発した新品種の米「いちほまれ」の本格販売を前に、7日、都内で開かれたCM発表会。美浜町出身の歌手、五木ひろしさん(70)は、笑いを誘った。PR ...

コシヒカリの後継「いちほまれ」、本格販売開始 福井の新銘柄米

コシヒカリを開発した福井県が、その後継と位置付ける新銘柄米「いちほまれ」の本格販売が23日、同県内のスーパーなど約170店で始まった。ほどよい弾力や甘みとつやが特長。今月29日には首都圏や関西、名古屋周辺でも店頭に並ぶ。 販売は2 ...

福井の新銘柄米、本格販売開始 コシヒカリの後継「いちほまれ」

コシヒカリを開発した福井県が、その後継と位置付ける新銘柄米「いちほまれ」の本格販売が23日、同県内のスーパーなど約170店で始まった。ほどよい弾力や甘みとつやが特長。今月29日には首都圏や関西、名古屋周辺でも店頭に並ぶ。 販売は2 ...

双頭のヘビ、米バージニア州で発見 「野生では極めてまれ」

[23日ロイター] - 米バージニア州リッチモンドで20日、2つの頭を持つヘビが撮影された。子供とみられ、同州の爬虫(はちゅう)両生類 ...

手応えずしっ「いちほまれ」 福井 親子、稲刈り体験

今年から本格生産、販売される県の新たなブランド米「いちほまれ」の稲刈り体験が十六日、福井市の県農業試験場であった。親子連れらが黄金色に実った稲に鎌を入れ、手際良く刈り取った。県内では二十三日から販売が始まる。 県と県JA ...

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。 同駅は市が管理する無人駅。老朽化に伴い、6月8日から今月19日まで外壁と屋根の ...

いちほまれ 県内販売開始~スーパーでは行列も

県の新しいブランド米「いちほまれ」の県内分の販売が23日、始まりました。 福井市内のスーパーでは開店前から買い物客が列を作り、午前9時の開店と同時に次々と買い求めていました。今年は多くの県民に味わってもらおうと価格は5キロ入りで ...

いちほまれが新嘗祭に 鯖江市内で抜穂式

福井の新しいブランド米「いちほまれ」を、宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献上するために刈り取る「抜穂式(ぬきほしき)」が19日、鯖江市内で営まれました。 今年の奉耕者に選ばれたのは鯖江市熊田町の佐々木寿尚さん。5 ...

最近の注目ワード

さらに「マレーシア」「マレーシア航空」「マレフィセント」で検索する



jpp