2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2010-10-11 08:57:53

吉田修一さんの小説「横道世之介」が第23回柴田錬三郎賞

[記事]

 (集英社主催)は6日、吉田修一さん(42)の「横道世之介」(毎日新聞社刊)に決まった。賞金は300万円。授賞式は11月19日、東京・内幸町の帝国ホテルで。

集英社(東京都千代田区一ツ橋2丁目5)の近所のバー
吉田修一さんの小説「横道世之介」が第23回柴田錬三郎賞」でサイト内を検索