2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2010-05-11 22:03:17

伊藤整文学賞:評論部門で2作 小説部門は該当作なし

[記事]

 (伊藤整文学賞の会、北海道小樽市など主催)が10日決まった。評論部門で、高橋英夫さん(80)=東京都出身=の「母なるもの 近代文学と音楽の場所」(文芸春秋)と、宮沢章夫さん(53)=静岡県出身=の「時間のかかる読書」(河出書房新社)の2作が選ばれた。評論部門で2作が同時に受賞するのは初。小説部門は該当作がなかった。

小樽駅(北海道小樽市稲穂)の近所のバー
伊藤整文学賞:評論部門で2作 小説部門は該当作なし」でサイト内を検索