2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2010-04-06 23:14:32

浅川さんと野水さんに群像新人文学賞

[記事]

 講談社は5日、を発表した。小説部門は東京都の会社員、浅川継太さん(30)の「朝が止まる」、横浜市の無職、野水陽介さん(26)の「後悔さきにたたず」に決まった。5月発売の「群像」6月号に掲載される。賞金各50万円。贈呈式は5月10日、東京都文京区の講談社で。

講談社(東京都文京区)の近所のバー
浅川さんと野水さんに群像新人文学賞」でサイト内を検索