2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-06-13 08:15:44

ハウス食品「ウコンの力」を輸出へ

[記事]

 ハウス食品は12日、ウコン飲料「ウコンの力」を、今後3年以内に中国や米国など最大4カ国に輸出する計画を明らかにした。ウコンには二日酔いを防ぐ効果があるとされ、アルコールをよく飲む地域で拡販を目指す。少子化で国内飲料市場の飽和感が強まるなか、海外市場の開拓を急ぎ、経営基盤を強化する狙いだ。 同社はタイでウコンの力をテスト販売したことがあるが、本格的な輸出は初めて。
 アジア人はアルコール分解酵素が欧米人に比べて弱く、二日酔いになりやすいとされるため、中国などでの展開を計画するほか、飲み過ぎによる二日酔い対策需要が見込めるとして米国でも販売する方針という。
 ウコンの力は、ウコン輸入最大手のハウスが、カレーで培ったノウハウを活用して平成16年に商品化。その後、顆粒タイプや、ウコンの苦みを嫌う女性向けに「カシスオレンジ味」も投入するなど、品ぞろえを強化してきた。
 薬事法上では、二日酔い対策とうたうことはできないが、成分のクルクミンが肝機能に良いとされている。国内では、二日酔い対策としてお酒を飲む前後に習慣的に愛飲する消費者が増えているという。
 ウコンの力の、21年3月期の販売額は前期比16・6%増の245億円と、発売以降5年連続で伸長。ハウスによると、二日酔い対策商品の国内市場は約420億円とみられており、ウコンの力は5割を超えるシェアを獲得している。

ハウス食品株式会社(東京都千代田区紀尾井町6)の近所のバー
ハウス食品「ウコンの力」を輸出へ」でサイト内を検索