2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-05-26 18:02:31

日立に200億円賠償求め提訴 北陸電力

[記事]

 北陸電力は26日、平成18年にタービン羽根損傷事故で志賀原発2号機(石川県志賀町)が停止し、割高な火力発電所の代替運転を強いられたとして、製造元の日立製作所に逸失利益約202億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
 日立製作所は「内容を確認した上で慎重に対応する」としている。
 北陸電力などによると、請求の対象は原発停止から約8カ月間の火力発電所運転の燃料費や人件費など。タービン羽根の復旧費用などは日立が負担し工事が進んでいるが、逸失利益をめぐる協議は決裂したという。
 タービン羽根の損傷事故は18年6月に中部電力浜岡原発5号機(静岡県)で発生、同年7月に志賀原発2号機でも見つかった。中部電力は昨年9月、日立製作所に約418億円の損害賠償を求める同様の訴訟を東京地裁に起こし、係争中。

北陸電力(富山県富山市)の近所のバー
日立に200億円賠償求め提訴 北陸電力」でサイト内を検索