2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-05-10 15:54:09

三船美佳が告白「ハーレーが愛のキューピッド」

[記事]

 「ハーレーダビッドソン(HD)に出会ってから人生が本当に大きく変わった。私にとってはもう切っても切り離せない存在」
 こう話すのは女優の三船美佳さん。
 三船さんは、24歳離れた歌手の高橋ジョージさんと結婚したが、そのきっかけとなったのがHDだった。
 三船さんと高橋さんが初めて出会ったのは1997年。
 「中年と少女が出合う、HDが登場するロードムービーを撮りたいと思い、14歳の女優を捜していたときに、楽屋で彼女と会った。年を聞いたら14歳だった。出会うべくして出会った運命的なものを感じた」
 高橋さんは当時を、こう振り返る。
 映画の企画をきっかけに、交際へと発展し2年後にゴールインした。
 「HDが愛のキューピッド」と三船さん。
 まさに、“白馬に乗った王子様”ならぬ、“鉄馬に乗ったおじさま”との恋愛劇だった。
 映画の撮影中、交際中、結婚後。何度も高橋さんの運転するHDの後ろに乗るうちに、「自分も乗りたい」と思ったという。
 「私の父(故三船敏郎さん)も昔HDに乗っていたそうなんです。やはり、乗りたいという気持ちは遺伝なんですかね?」
 18歳の誕生日を迎えて、すぐに大型二輪の免許を取得。高橋さんのバンドのメンバーから現在も乗っている愛車を譲り受けた。
 「それからはHD漬けの毎日。スーパーにネギを買いに行くのにもHDを使っていた。帰ってくるときに、パンや卵が崩れないように、どうやって持って帰ろうか試行錯誤していた。それほど好きだった」
 「HDは壊れやすいというイメージを持っている人が多いけれど、カスタムしてしっかりと整備をすればどんどん良くなっていくのが感じられる。子育てと同じ」。今の夢は、「娘が大きくなったら、家族3人で一緒にツーリングに行くこと」と笑った。

ハーレーダビッドソンジャパン(東京都港区)の近所のバー
三船美佳が告白「ハーレーが愛のキューピッド」」でサイト内を検索