2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-04-14 15:17:51

文学界新人賞にイラン人のネザマフィさん

[記事]

 文芸春秋は14日、がイラン人のシリン・ネザマフィさん(29)の「白い紙」に決まったと発表した。日本語以外の言語を母語とする作家の受賞は第105回の楊逸さん(中国籍)以来2人目。賞金50万円。受賞作は5月7日発売の「文学界」6月号に掲載される。
 同氏は1979年、テヘラン生まれで神戸大院卒。現在、大阪で大手電機メーカーのシステムエンジニアをしている。受賞作は、イラン・イラク戦争下の田舎町を舞台に若い男女の恋愛模様を描いている。

文藝春秋(東京都千代田区)の近所のバー
文学界新人賞にイラン人のネザマフィさん」でサイト内を検索