2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-04-12 10:03:29

「黒烏龍茶」本場・中国で販売 サントリー、健康意識の高まりで

[記事]

 サントリーは11日、茶系飲料「黒烏龍茶」を中国で発売し、2009年に100万ケース(1ケースは24本入り)の販売を目指す方針を明らかにした。「黒烏龍茶」は国内で特定保健用食品として販売しているが、中国で健康意識が高まっていることから需要が見込めると判断した。発売は17日。日本の茶系特保飲料が中国で売り出されるのは初めて。
 中国で発売される黒烏龍茶はペットボトル(350ミリリットル)入りで全量を上海市にある工場で生産する。同市と江蘇省、浙江省のスーパーなどで販売する。
 価格は1本当たり約70円。現地で売られている平均的なウーロン茶飲料の約1・5倍と高いが、付加価値で差別化を図り、中国でのブランド力強化につなげる。12年には販売目標を200万ケースと倍増させる方針だ。
 サントリーは、中国での09年の清涼飲料全体の販売計画を前年比18%増の730万ケースと設定。黒烏龍茶の投入効果を見込んで強気の目標を掲げた。また、台湾でも7月に黒烏龍茶を投入。全量を日本から輸出してスーパーなどで1本約100円で販売する。09年に3万ケース、12年に50万ケースの販売を目指す。

サントリー(東京都港区)の近所のバー
「黒烏龍茶」本場・中国で販売 サントリー、健康意識の高まりで」でサイト内を検索