2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-03-27 16:15:43

障害者雇用未改善の4社名を公表 

[記事]

厚生労働省は27日、障害者雇用促進法に基づき、勧告や指導などの後も障害者雇用率の改善がみられなかった企業4社を公表した。
 公表されたのは、ユニットハウス製造販売業のナガワ(さいたま市大宮区)、人材派遣業のキャリアビジネス(東京都新宿区)、運送業の飛騨運輸(岐阜県高山市)、化粧品卸売りの日本ロレアル(新宿区)。
 障害者雇用促進法は、事業主に対し、従業員に占める障害者の比率を法定雇用率(1.8%)以上とすることを義務づけている。
 4社は、国から障害者の雇い入れ計画作成を命令され、その後も勧告や指導を受けたが、雇用率が改善されず、厚労省の基準を満たさなかったため、ペナルティーに当たる企業名の公表になった。日本ロレアルは平成19年に公表猶予となっていたが、改善されなかったため公表になった。
 各社の雇用率は1月1日現在、ナガワが0.44%、キャリアビジネスが0.31%、飛騨運輸が1.19%、日本ロレアルが0.72%だった。

新宿パークタワー(東京都新宿区)の近所のバー
障害者雇用未改善の4社名を公表 」でサイト内を検索