2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-03-21 14:49:49

香椎由宇、思わず大泣き!舞台挨拶で声出ず

[記事]

 映画「釣りキチ三平」の初日舞台あいさつが20日、東京・銀座の丸の内TOEIで行われた。
 人気漫画の初映像化に加え、「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を受賞した滝田洋二郎監督(53)の最新作として注目の的だが、この日の主役は、香椎由宇(22)だった。
 主演の須賀健太(14)演じる釣りの天才少年、三平の姉役の香椎があいさつする番になると、渡瀬恒彦(64)が「体調が悪く声が出ないのでぼくが」と香椎の声を聞き取り、“通訳”。「こんな声で本当にすいません」との言葉を渡瀬に託すと、大粒の涙をこぼした。
 所属のホリプロによると、香椎は19日夕、2週間滞在していた仕事先のフランスから帰国。現地で具合が悪くなり、この時は38.5度の熱があったという。約50媒体の取材を受けるなど、同作に愛情を注いできた香椎は、無理をおして壇上に立ったようだ。
 滝田監督は「ようやく作品が泳ぎだしました。皆様の力で大きな魚に育ててやって下さい」とアピールした。

丸の内TOEI1(東京都中央区)の近所のバー
香椎由宇、思わず大泣き!舞台挨拶で声出ず」でサイト内を検索