2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-02-20 08:11:53

【コラム・断】今こそ戦後文学

[記事]

 太宰治の生誕100年ということだが、他にも1909年、明治42年生まれの作家がいる。松本清張もそうだが、戦後作家として大岡昇平と埴谷雄高を忘れるわけにはいかないだろう。
 大岡はスタンダール、埴谷はドストエフスキイ。片やフィリピンでの戦争体験、片や戦前のマルクス主義とアナーキズムの革命運動。両者の経歴は異なるが、ともに「戦争と革命」の時代といわれた20世紀を生き抜いた文学者であった。

太宰治まなびの家(青森県弘前市)の近所のバー
【コラム・断】今こそ戦後文学」でサイト内を検索