2軒目は近所のバー」連動

事件のそばにバーがある

2009-02-16 22:06:19

不正経理発覚の愛知県、物品購入契約3カ所に集約

[記事]

 総額14億9000万円に上る不正経理が発覚した愛知県は16日、対策会議を開き、不正経理は主に出先機関での物品購入で行われてきたことから、今後は契約事務を本庁など3カ所に集約する再発防止策をまとめた。
 県によると、これまでは業者との購入契約から納品検査までを各出先機関で行ってきた。しかし調査の結果、架空発注で業者に現金をプールさせる「預け」が横行するなど、出先機関でチェック機能が働いていないことが判明した。
 再発防止策では、7月から、各出先機関の購入依頼を本庁と2カ所の総合庁舎で出納事務局が取りまとめ、業者と契約。納品検査は、その3カ所と6カ所の出先機関で実施し、物品を配送する方式に改める。

愛知県庁(愛知県名古屋市中区)の近所のバー
不正経理発覚の愛知県、物品購入契約3カ所に集約」でサイト内を検索